運輸安全マネジメント


平成30年度(平成30年4月1日〜平成31年3月31日)

●わが社の事故防止のための安全衛生方針

・ 「危険予知の感性を磨き、指差し呼称で安全確保、健全な心と体で、無事故・無災害を達成する」

●社内への周知方法

・ 従業員控え所及び事務所内に掲示する

●安全衛生方針に基づく目標

平成30年度(平成30年4月1日〜平成31年3月31日)
1、 指差呼称の強化を図り、作業事故撲滅を目指します。
2、全員参加でリスクアセスメントを実施し、危険予知の感度を高めます。
3、 社員の健康増進を目的とした「健康経営宣言」をさらに充実します。

●安全衛生方針に基づく計画

平成30年度(平成30年4月1日〜平成31年3月31日)
実施項目実施時期
作業手順違反を発見したらみんなで注意する運動4〜3月(年間)
作業現場の巡回指導(茨島構内及びスズキ部品秋田)4〜3月(年間)
作業現場の安全と指差呼称の確認5.7.9.11.1.3月
社長・統括運行管理者・安全管理者による作業現場視察4.6.8.10.12.2月
安全衛生委員会・対面教育での危険予知発言の推進4〜3月(年間)
点呼時の道路の危険個所や危険作業の情報共有化4〜3月(年間)
リスクの高い作業場の洗い出しを図り対策を行う6.9.12月
始業時の血圧測定による体調変化の早期発見を図る4〜3月(年間)
ストレッチ体操の基本動作を全従業員が学ぶ5〜2月
SASの検査とインフルエンザ予防接種の推進[SAS]6月[予防接種]11.12月

●わが社における安全に関する情報交換方法

・ 毎月1回の安全衛生委員会

●わが社の安全に関する反省事項

・ 指差し呼称を行わず、思い込みによる作業事故が多く発生した。
・ 運送途中で、積み荷に傷をつける事故が複数回発生した。

●反省事項に対する改善方法

令和元度安全衛生活動計画では前年度の反省を基に以下取り組みを行う。

令和元年度 安全衛生方針
・「全員参加で危険を摘み取る指差し呼称、自ら考え進んで取り組む健康増進、思いをひとつに築こう無事故・無災害」

安全衛生方針に基づく目標
1、指差呼称で作業手順を再確認し、誤認作業を無くします。
2、積み荷に優しい運転で、安全運行及びエコドライブの推進を図ります。
3、健康で明るい職場を目指し、働き方改革を進めます。

●平成30年度 わが社の事故に関する情報(自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計)

(平成30年4月1日〜平成31年3月31日)
・ 自動車事故報告規則第二条に規定する事故の発生はありませんでした。